最近の投稿

数年かけて準備

造園業で会社設立するなら数年かけて準備する


造園の仕事をしていて独立を考えるなら、準備が必要です。
準備を怠って会社設立をすると、独立した後も上手くいきません。
独立して成功するためには、会社設立前の準備に全てがかかっていると言っても、過言ではありません。
まず必要な準備は、自己資金をできるだけ多く集めることです。

造園の仕事をしている間に、できるだけ多くのお金を貯蓄しておいてください。
また、銀行などから融資を受けるためには、事業計画を立てなければいけません。
融資を受けやすくするためにも、抜かりのない事業計画を立てましょう。
しっかりとした事業計画を立てておけば、銀行などからの融資も受けやすくなります。

資本金が0円でも、会社設立は可能です。
ですが、実際に資本金が0円で会社設立をしても、上手くいきません。
資本金が潤沢なほど、独立して成功を収められる可能性はたくなると考えましょう。
資本金も重要ですが、造園業で会社設立をするなら、技術も磨いておかなければいけません。
技術が劣っていると、仕事が舞い込んでくることはないでしょう。

造園業に必要な技術は簡単に身につかないので、優秀な人のもとで数年間働く必要があります。
周囲から認められるほどの技術を身につけたら、独立してもやっていけるでしょう。
造園業は、独立しても自分一人で会社を切り盛りすることはできますが、優秀な従業員が必要になります。
特に必要なのは、一緒にお客さんの庭で作業をする職人です。
しかし、職人を探すために求人を出しても、優秀な職人はなかなか集まってきません。
そこで活用したいのが、人脈です。
人脈も簡単に築くことはできませんから、お金や技術などと同じように、会社設立の前から数年間かけて築いておきましょう。
良い人脈を築くことができれば、直接職人を誘ったり、優秀な職人を紹介してもらえるようになります。
お金と技術と人が集まったら、次はどの地域に会社設立をするか考えなければいけません。
一般的には、地元で会社設立をすることになると思いますが、造園業の需要があるところでないと苦しくなります。
また、競争相手が多い地域に新規参入しても、お客さんを取ってくるのは難しいです。
理想的なのは、需要が多くて競争相手が少ない地域になります。
会社設立をする前には、独立したい地域について綿密な調査をしましょう。
準備と綿密に調査をして地域を決めれば、造園業として会社設立をしても成功を収めることができるはずです。

必要なものは書類と印鑑と資金

株式会社設立,必要なもの


株式会社設立に必要なものは、書類と印鑑と資金です。この3つが基本となってきます。まず書類についてですが、最も重要なものが定款です。定款は会社の規則を定めたもので、設立時に作成することが必要となりますが、その後も効力を持つものです。会社が存続する目的や組織の構成、その他の色々な決まり事を定めたものですから、経営を続けていくためにはもっとも大事なものだと考えておきましょう。

定款には記載しなければならない絶対的記載事項と任意的記載事項とがあります。絶対的記載事項が記載されていないと、定款は無効となりますから注意が必要です。任意的記載事項については記載しても記載しなくても良いですが、記載しておいたほうが良い項目もあります。記載しないでも良いことを記載してしまうと、株式会社設立をした後に、経営が行いにくくなることもあります。最低限のことを記載して、余計な規則は作らないようにしておいた方が、経営の自由度は高くなると言えるでしょう。

次に、代表取締役の印鑑が必要となってきます。株式会社設立をすれば契約書を作成するときに印鑑を押さなければなりません。会社として取引を行うわけですから、個人の印鑑では効力を持たないと言えるでしょう。会社としての印鑑が必要となりますが、実際には代表者が契約を結ぶことになりますから、代表社員が必要となるのです。会社の実印と呼ばれることもあります。

なお、手続き上は代表取締役の印鑑だけで良いのですが、実務上は銀行印や角印なども必要となりますから、印鑑を作るときにはセットで作っておくのが良いでしょう。会社設立のための印鑑と言えば、たいていはこの3つがセットになっています。

株式会社設立をするために必要な資金についてですが、まず設立するまでの資金を確保しなければなりません。30万円くらいは必要だと考えておきましょう。そのほかにも費用はかかりますから、多めに用意しておくのが良いです。

それとは別に資本金を準備することも必要となってきます。資本金の金額の設定は難しいところなのですが、目安として300万円から1,000万円を超えない金額が良いとされています。資本金の規制はありませんから手続きとしては1円でも株式会社設立はできるのですが、信用面を考えればやはり300万円くらい会ったほうが良いでしょう。また、消費税の免税業者になる事を考えれば、1,000万円を超えないほうが良いと考えられます。

Copyright© 2014会社設立に必須なポイント、費用を知って社長になる! All Rights Reserved.