格安業者を知ろう

株式会社設立,格安


どんなサービスであっても、利用するためには何らかの料金を支払わなければなりません。報酬という名目で支払う事もあれば手数料という名目で支払う事もありますが、民間企業が提供するサービスを利用するときには、何らかの名目で料金を支払うことは必要となってくるでしょう。ですから、何らかのサービスを利用すれば、その分だけ全体的な費用は高くなると考えるのが自然なのですが、株式会社設立に関しては、サービスを利用した方が全体的な費用が安くなることもあります。というか、安くなる場合が多いでしょう。

このように言うと、それが本当なのかどうかを疑う人もいると思いますし、不思議なことだと考える人もいるでしょう。民間の企業が慈善活動でサービスを提供しているとしても、費用が変わらないことは考えられたとして、安くなることはないと考えるのは妥当です。なぜ安くなるのかというと、安くな制度が定められていることと、それを民間企業がうまく活用していることとが理由です。

具体的には電子定款の制度が大きく影響していると考えられます。コンピュータ化が進んでいる次代ですから、定款を作成するときにはパソコンなどで記載事項を入力して、それをプリントアウトすることが多いのですが、制度が変わって、プリントアウトせずにデータとして提出できるようになりました。これが電子定款と呼ばれるものです。

紙媒体で定款を作成した場合には、4万円分の収入印紙を貼らなければなりませんが、電子定款の場合には収入印紙を貼る必要がなくなったのです。そのため、株式会社設立をするときに電子定款を作成すれば、4万円分を安くすることができます。もしも自力で電子定款を作成できるのなら、4万円分を丸々安くすることができます。

実際に電子定款を作成するためには、コンピュータが必要となりますし、ソフトウェアも必要となってきます。それ以外にもいくつかの機器が必要となりますから、それらをそろえるために費用がかかります。元々機器を持っている人なら良いのですが、そうではない人の場合には、株式会社設立のための費用が大きくなってしまうのです。

電子定款の作成を格安で行っている業者を利用すれば機器を購入する必要がありませんから、安く済ませることができます。株式会社設立の電子定款の作成は、1万円以下の格安料金で請け負ってくれる会社はたくさんあります。仮に1万円かかったとしても、それによって4万円安くなるのですから、トータルでは3万円分も安くすることができるのです。

Copyright© 2014会社設立に必須なポイント、費用を知って社長になる! All Rights Reserved.