株式会社設立は簡単

株式会社設立,簡単


過去において、株式会社設立の手続きは複雑怪奇であり、自身が申請し、登記を完了させる等困難を極めておりました。例えば、自身で挑戦しようと試みても、第一関門は法務局の登記官にありました。その姿勢は「素人は相手にしないよ」と言わんばかりの高姿勢であり、書類の書き方を教えていただく、等と甘い考えは一切受け付けない特異な雰囲気を有していた。仮に書類を提出しても「間違いの箇所があります。」と告げられ、書類を返されるのですが、「どこが間違い」等聞ける雰囲気ではないのです。そこで、専門家に依頼する事を選択する以外方策はなかったのです。反面、申請者自身は申請の書類である、印鑑証明や戸籍関係の書類。設立準備金を証明して頂くための銀行を設定する等、限られた範囲となり随分簡単な作業で設立できたのです。けれど、専門家の費用も設立時の予算に計上しなければ、と感じるほどの負担を要したのです。そのような環境にあって、諸般を考慮すると自身で株式会社設立登記を行う等、考える余地すら存在しなかったのです。ところが、株式会社設立の要件であった資本金の額が緩和され、ゼロ円でも認可されるようになり、さらに、株式会社設立発起人の人数も緩和され、現在では申請者一人でも代表権を有した取締役となることが可能となりました。けれど、通常の考えですと、代表者とは何名かが存在し、それを代表する意味であるように思うのです。つまり、何名かの取締役が存在する場合の株式会社設立にあって、その代表者が専任されされるので取締役の代表者、つまり代表取締役となるのが普通でしょう。けれど、現状ではそれ等厄介な事項は全て無くなり、一人の取締役でも代表取締役となれるの制度に改正されたのです。さらに改正にう利点は、株式会社設立時における書類を整えるため、のみに行われていた、事業に直接関係ない親戚や友人、又は無関係な第三者にお願いする等、合理的でない部分が排除され全般的に簡単な申請となったことは喜ばしいことだと理解しております。株式会社設立の登記は、これ等に代表される緩和策を境とし登記全般が随分簡素化されたことで設立を専門家に任せる時代は終わったと言えるでしょう。そこで、ご自身が社会に主張し、事業化したい事項が存在した場合には、資本金や、無理やり第三者にお願いする等、厄介な事に神経を費やすことなく、速やかに株式会社を設立し、社会に貢献できる時代が来たことを真摯に受け止め発展に努めていただきたいと願うのです。

Copyright© 2014会社設立に必須なポイント、費用を知って社長になる! All Rights Reserved.